スキッパーキー

犬名:スキッパーキー
原産国:ベルギー

平均寿命:12〜13年

サイズ:小型犬
高さ:21〜33cm
体重:5.5〜8kg

グループ:ノン スポーティング

歴史:
この犬の種類は運河のはしけを守る番犬として使われました。
「little skipper」小さなキャプテン(船長)という意味があります。
また、ネズミ捕りと番犬として農場の納屋の周りで使われました。
ベルギーでは非常に人気があり1690年にスキッパーショーを組織し
これが全ての犬種の初のショーだったといわれています。
1885年にマリーアンリエット女王が飼って王室犬になりました。

色:黒

特徴:
ミディアムショートの厚い毛で被われたダブルコート。
首の周りに豊かな襟があります。
体は短く、横から見ると正方形に近い体つきです。
顔はキツネのよう。
鼻口部(マズル)は尖っています。
目は卵形。
耳は三角形で立っています。
尾は短くカットされます。
鼻は黒。
歯はシザースバイトかレベルバイト。
後足の狼爪は削除されます。
匂いはありません。

性格:
家族には忠実ですが他人には用心深い。
機敏で知的。

その他:
季節により(年2回)大量に抜け毛がありますが、それ以外はブラッシング程度の手入れが必要はありません。
脱走の名人です。
鳴き声はかんだかくうるさく感じるかもしれません。
ハムスターや鳥などは届かないところで飼いましょう。
遺伝病を持っている恐れがあるのでしっかりとした検査が必要です。
初心者に推薦されません。

スキッパーキーの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:49 | 小型犬

ブログランキング参加中

banner_04.gif

RDF Site Summary
RSS 2.0
管理者ページ