ウエストハイランドホワイトテリア

犬名:ウエストハイランドホワイトテリア
別名:ウェスティー
原産国:スコットランド

平均寿命:15年又はそれ以上

サイズ:小型犬
オス 高さ:25〜30cm
オス 体重:7〜10kg

メス 高さ:23〜28cm
メス 体重:6〜7kg

グループ: テリア グループ

歴史:
ウエストハイランドホワイトテリアは19世紀の中ごろのスコットランドのアーガイルというところで、ブリーダーがケアーンテリアの子犬の中に白い子犬を見つけ、それらの子犬は(現在のウェストハイランドホワイトテリアになるようように)育てられました。純白のコートをした小型犬でケアーンテリアから発展した犬種です。
昔はネズミ、狐、かわうそや他の害獣を捕ったり、農家の穀物などの見張り番として飼われていました。

色:白

特徴:
コートは直毛のオーバーコートと、柔らかく、濃いアンダーコートのダブルコート
目は黒く、すこしくぼんでいます。
耳は小さく先が尖っていて、ピンと立っています。
鼻口部は頑丈で、頭の長さより短めです。
歯はシザースバイトかレベルバイト
鼻は黒
尾は12〜15cmほどの長さで真っすぐで先細りです。

性格:
愛らしく社交的です。オス同士けんかをする傾向があるかもしれません。

その他:
穴を掘ることが好きです。
トリミングは独特のカットの仕方があり、専門知識が必要です。
初心者に推薦されます。


ウエストハイランドホワイトテリアの写真を見る



ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif




posted by 犬種類 at 15:56 | 小型犬

ウェルシュテリア

犬名:ウェルシュ テリア

原産国:ウェールズ

平均寿命:10〜12年

サイズ:小型犬
高さ:39cmまで
体重:8〜9.1kg


グループ: テリア グループ

歴史:
ウェルシュテリアはウェールズで発展し、カワウソ、キツネ、アナグマなどの猟に使われていました。
この種類はブラックアンドタンテリアから枝分かれした種類と思われます。
1884年にイギリスで紹介され1888年にアメリカに輸入されました。
現在はコンパニオンドッグと飼われていますがハンティング能力はまだあります。


色:
黒と褐色、黒、褐色と灰色

特徴:
ウェルシュテリアはエアデールテリアを小さくしたような体型です
コートはワイアーヘアー
口ひげ、あごひげがあり、ながい眉毛があります
頭は長く平らで、長方形をしています。
鼻口部は角ばった感じです。
耳は逆V字型で、前方に折り曲がっています。
鼻は黒
目はアーモンド形で小さい。
歯はシザースバイトかレベルバイト
狼爪は削除されます。
尾は縮められます。

性格:
優しくて、忠実で、丈夫でお茶目



その他:
しつけは難しいかもしれません。特にメス。
小さい頃から社会に慣れるしつけが必要です。
初心者に推薦されます。


ウェルシュテリアの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif




posted by 犬種類 at 11:35 | 小型犬

トイフォックステリア

犬名:トイフォックステリア
別名:アメリカントイフォックステリア
原産国:アメリカ

平均寿命:15年〜

サイズ:超小型犬
高さ:25cm
体重:1.5〜3kg

グループ: トイ グループ

歴史:
以前アメリカントイフォックステリアと呼ばれていました。
1900年前半にアメリカでスムースフォックステリアと他の色々なトイ種との交配により生まれました。
トイ種との交配によりトイフォックステリアは優しい気質になりましたがまだ狩猟での高エネルギー、勇気や喜びといったテリア種の特性を持っています。
2003年の1月にAKCのトイグループに認められたまだ新しい種類です。

色:
3色で、体の50%以上は白。
頭が黒、ほほに黄褐色マーキング、目の上に黄褐色のドット
頭がチョコレート色、にタン
2色
黒と白、チョコレートと白


特徴:
耳は逆V字型でピンと立っています。
コートは短くつややかです。
目は黒で丸い形をしています。
鼻は黒(コートがチョコレート色の犬は除く)
後足の狼爪は取り除かれるべきです
尾は第3関節か第4関節でカットされます。

性格:
活気があり、精力的で、勇敢ですがチョット生意気なところもあるかもしれません。

その他:
グルーミングの必要はほとんどありません。
初心者に推薦されます。


トイフォックステリアの写真を見る



ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 14:39 | 小型犬

チベタンテリア

犬名:チベタンテリア
別名: ドーキーアプソ
原産国:チベット

平均寿命:12〜15年

サイズ:小型犬
高さ:36〜43cm
体重:8.2〜13.6kg


グループ: ノンスポーティング グループ

歴史:
チベタンテリアは他のチベットの犬種、シーズー、ラサアプソ、チベタンスパニエルなどの犬種の発展に関与したとても古い種類です。チベットの修道士により生まれ「LUCKY」(幸運)になると考えられていました。そして、チベタンテリアはしばしば贈り物として与えられたましたが、決して売られることはありませんでした。イギリスのグリーグ博士は、彼女の患者やダライラマからこの犬種をもらいイギリスでチベタンテリアのケンネルを設立しました。1956年、アメリカのマーフィー夫妻がアメリカに輸入し、後にAKCに認可されました。
色:
全ての色が許されています。

特徴:
体全体が長いダブルコートでおおわれています。
アウターコートはストレートか少しウェーヴがかかっています。
アンダーコートは柔らかくて羊毛のようです。
コートは長毛ですが、地面についてはいけません。
あごひげがあります。
尾は背中に乗っています。
耳は豊かな飾毛があり垂れています。
歯はシザースバイトか、アンダーショットバイト
目は黒で、頭からの毛で被われています。
足はどちらかと言うと偏平足。

性格
甘えんぼうで、穏やかで、優しい。活発で楽しい。わがままでありえます。知らない人に対して用心深いかもしれません。

その他:
大きさから言って公認されているサイズは誤りではないかと言われています。(実際は中型犬ほどの大きさ)
テリアより牧羊犬のように見えます。
持久力と機敏さがあります。
ノミアレルギー体質です。
初心者に推薦されます。


チベタンテリアの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 13:19 | 小型犬

チベタン スパニエル

犬名:チベタン スパニエル

原産国:チベット

平均寿命:12〜15年

サイズ:小型犬
高さ:51cm(平均)
体重:4.1〜6.8kg(平均)

グループ: ノンスポーティング グループ

歴史:
チベタンスパニエルは古代チベットで非常に重んじられて、しばしば国王へのプレゼントとして贈られました。チベタンスパニエルは東洋の犬種である、チン、ペキニーズなどに関係していると思われています。この犬種によく似た犬は紀元前1100年頃に中国で見つかっています。昔はチベットの修道院の番犬として飼われていました。1800年代後半にイギリスに連れてこられ、AKCには1984年に公認されました。

色:
金色、クリーム、淡黄褐色、赤、白、黒、黒と褐色のぶちなど

特徴:
ペキニーズに似ていますがマズルはペキニーズより長く
コートもペキニーズほど多くありません。
マズルは中くらいの長さ。
目は卵形で色はこげ茶
鼻は黒
歯は少しアンダーショット
尾は飾毛があり背中でまるまっています。
耳は飾毛があり垂れています。
コートはソフトで絹のような中くらいの長さです。
首の周りにたてがみのような毛があります。
足はウサギのような足

性格:
元気がよく、頭が良く、人を疑わない。甘えんぼうで家族に優しい。

その他:
少し訓練が難しいかもしれません。
初心者に推薦されます。


チベタンスパニエルの写真を見る



ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 09:01 | 小型犬

スカイテリア

犬名:スカイテリア

原産国:スコットランド

平均寿命:10〜12年

サイズ:小型犬
高さ:25.5cm(平均)
オス 体重:16〜18kg
メス 体重:11.5〜14kg

グループ: テリアグループ

歴史:
スカイテリアは北スコットランドのスカイ島が原産とされ、
マルチーズとその島のテリアとの交配によりできたいう説と、
バセットタイプの犬と島の土着犬との間にできたという説があります。
どちらが正しいかは定かではありませんが数世紀の間存在しています。
多くのテリア種がそうであるようにこのスカイテリアも害獣ハンターとして開発されました。
非常に忠実で、死んだ飼い主の墓のそばに10年間もいたという伝説もあります。
ビクトリア女王に気に入られ一時人気が出ました。
AKCに登録されたのは1887年です。

色:
灰色、クリーム、淡黄褐色、青(黒に近い)
胸の少しの白は許されます。

特徴:
胴長で、体長は高さの2倍でなければなりません。
硬い丈夫な骨格をしています。
頭は長く、丈夫なあごを持っています。
コートはダブルコートで、背中の中央で左右に分けられカーテンのように体の側面にたらします。
耳には豊かな飾毛があります。
目は茶色で、長い髪が覆いかぶさるように保護されています。
鼻は黒。
歯はシザースバイト
尾はテリアには珍しく、長く、飾り毛があり垂れています。


性格:
敏感で、忠実で、少しわがまま。勇敢で、元気で、大胆。優しくてお茶目
しかし、子犬の頃から多くの人に慣れさせておかないと咬むかもしれません。


その他:
長いストレートのコートは頻繁に手入れをしないとからんでしまいます。
子犬の毛質と成犬の毛質は全く違い成犬の毛質になるには数年かかります。
初心者に推薦されません。

スカイテリアの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif

posted by 犬種類 at 11:17 | 小型犬

シルキーテリア

犬名:シルキーテリア
別名:オーストラリアン・シルキーテリア、シドニーシルキー
原産国:オーストラリア

平均寿命:12〜15年

サイズ:小型犬
高さ:23〜25cm
体重:4〜5kg

グループ:トイグループ

歴史:
シルキーテリアは19世紀にオーストラリアでオーストラリアテリアとヨークシャーテリアとの交配により開発されました。
アメリカへは第二次世界大戦後、アメリカ軍人により持ち込まれ1959年にAKCに認められました。

色:
ブルー(黒に近い)にタン(黄褐色)のマーキング


特徴:
耳はV字型。
尾は短く切断されます。
鼻は黒。
目は黒。
歯はシザースバイト。
狼爪は削除されます。
コートは長くて絹のようです。
シングルコートなのでからみにくい
ヨークシャーテリアに似ていますがヨークシャーより胴長です。


性格:
お茶目で、活発で忠実なのですが、頭のよさとエネルギッシュな行動と、
頑固さで厄介者になることもあります。

その他:
コートは体の中心で左右に分けますが長さ的には地面についてはいけません。
体ににあわない声を持ち、番犬に適しています。
芸を覚えるのが得意です。
初心者に推薦されません。

シルキーテリアの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:01 | 小型犬

シーズー

犬名: シーズー
別名:クリサンサマム ドッグ
原産国:中国

平均寿命:12〜14年

サイズ:小型犬
高さ:28cm以上
体重:4~7kg

グループ:トイ グループ

歴史:
この犬の種類は17世紀に中国に連れてこられたチベタン・ラサ・アプソと
中国のペキニーズとの交配により作られたと思われます。
中国皇帝のお気に入りの犬種になりとても尊ばれたので
1930年までは西側諸国への売買は(贈り物としても)禁止されていました。
1946年イギリスで公認され、1969年にアメリカで公認されました。
現在では、コンパニオンドッグとして非常に人気がある犬種です。

色:
どんな色も許されています。

特徴:
羊毛のようなアンダーコートを持った長い毛のダブルコート
頭の毛は上に揚げクリサンサマム(菊)のように作り上げます。
大量の口ひげ、とあごひげがあります。
目は大きく、丸く、目と目の間は少し広く
目の色はほとんどが黒ですが、茶色、ブルーもいます。
耳は垂れていて長い毛で被われています。
歯はレベルバイトか、アンダーショットバイト(下の歯が出ている)
少し胴長です。
狼爪の削除はオプションです。
尾は飾り毛があり、体の上でまるまっています。

性格:
お茶目で活発で尊大で誇り高く、機敏で元気で非常に忠実。

その他:
ゼーゼー言って、いびきをかく傾向があります。
耳、目、呼吸系疾患の傾向があります。
ペットとして飼う場合、毛を短くカットする飼い主が多い。
初心者に推薦されます。

シーズーの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:38 | 小型犬

犬名: 柴
別名:柴犬
原産国:日本

平均寿命:12〜15年

サイズ:小型犬
オス 高さ:36〜41cm
オス 体重:9〜14kg

メス 高さ:33〜38cm
メス 体重:8〜13kg

グループ:ノン スポーティング グループ

歴史:
柴犬は日本古来の土着犬で6種類いた土着犬の一番小さな犬種です。(6種類のうちいくつかは絶滅しています。)
名前の由来は、秋の柴の色に似ているという説と、柴とは「小さなもの」「小さな犬」
という意味がありそこからきているという説がありJKC(ジャパンケンネルクラブの説明では後者のようです。)
もとは鳥を追い出したり、小動物の猟に使われていました。
外来の犬との交配により純粋な柴が少なくなり、1928年頃から
純粋な柴の保護が始まり、1934年に社団法人日本犬保存会のスタンダードが制定され、1936年柴は天然記念物に指定されました。
近年、アメリカでも人気のある犬種になっています。

色:
赤、黒褐色、胡麻、黒胡麻、赤胡麻ですが
頬の上、耳の内部、体の横から腹部、鼻口部の下からのどにかけて、お尻の回り
足の内側に白、又はクリーム色がなければなりません。
足、尾、目の上の色は許されます。

特徴:
耳は小さく三角形で、立っています。
額は幅広く、平らで、中央に少ししわが寄ります。
目は黒くて小さい。
鼻は黒。
歯はシザースバイト。
尾は背中の上で丸まっています。


性格:
機敏で、活発で、大胆。恐れを知らなくて、勇敢。

その他:
季節により激しい抜け毛があります。
初心者に推薦されます。

柴の写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 12:26 | 小型犬

シェットランド シープドッグ(シェルティー)

犬名: シェットランド シープドッグ(シェルティー)
原産国:スコットランド

平均寿命:13〜14年

サイズ:小型犬
高さ:33〜40cm
体重:6.4〜12.3kg

グループ:ハーディング グループ

歴史:
この犬の種類は、スコットランドのシェットランドアイルズにつれてこられたコリー(ラフ)から始まっていると思われます。
その土地の小型犬との交配により小さくされたといわれていますが
それが何かははっきりしていません。
小さな家畜を集めるために使われていましたが、非常に穏やかで、利口なので
最高のハーディングドッグの1種でした。
1909年に英国で初めて承認され、1911年にはアメリカで登録されました。
性格が優しいため現在ではコンパニオンドッグとして最も人気のある犬種の1つです。


色:
ホワイトアンドタン、ブラックアンドタン等スタンダードで6つ(その他で8)の色のバリエーションがあります。

特徴:
頭は長い、くさび形をしています。
首の周りにライオンのようなたてがみとフリルがあります。
コートは豊かで厚いダブルコート。
尾と足には飾毛があります。
尾はヒザ(HOCK)まで届かなければなりません。
目はアーモンド形で、黒ですが、コートの色により青もあります。
鼻は黒。
歯はシザースバイト。
耳は小さく先が折れています。
吠えるのが好きです。

性格:
穏やかで、敏感で、忠実で、上品です

その他:
太る傾向があるのでエサのやりすぎには注意。
最も利口な犬種の1つです。
季節により激しい抜け毛があります。
初心者に推薦されます。

シェットランド シープドッグの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 10:40 | 小型犬

スコティッシュテリア

犬名: スコティッシュテリア
別名:アバディーン テリア
原産国:スコットランド

平均寿命:13〜14年

サイズ:小型犬
高さ:25〜28cm
体重:8〜10kg

グループ:テリア グループ

歴史:
この犬の種類は1700年代にスコットランドで発達しました。
最初はスコットランドのAberdeen(アバディーン)という町の名前をとって
アバディーンテリアと呼ばれていました。
胴長、短足の体型で、このような体型の犬はほとんど巣を作る動物
たとえば、カワウソ、キツネ、アナグマ、ウサギなどの狩りに使われていて
これらの動物を巣から追い出す役目をしていました。
現在はほとんどコンパニオンドッグとして飼われていますが
ハンティング本能は強く残っています。

色:
黒、濃い灰色、短黄色、灰色、ブチ
胸にわずかな白があっても良い。


特徴:
頑丈な骨した、短足、胴長の体型をしています。
長いあごひげと、尖ったような眉毛が特長です。
目はアーモンド形。
耳は小さく、立っています。
鼻は黒く、大きい。
尾は真っすぐで、上に立っています。
アウターコートは剛毛で、アンダーコートは柔らかい


性格:
ダイハード(抵抗者)とニックナネームを付けられるほど元気がよく、ワンパク者。

その他:
独特のトリミングをするため、スコティッシュテリアの形を保つには
少なくても2ヶ月に1度はトリミングが必要です。
太る傾向があります。
穴を掘るのが好きです。
初心者に推薦されません。

スコティッシュテリアの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif

posted by 犬種類 at 10:46 | 小型犬

スキッパーキー

犬名:スキッパーキー
原産国:ベルギー

平均寿命:12〜13年

サイズ:小型犬
高さ:21〜33cm
体重:5.5〜8kg

グループ:ノン スポーティング

歴史:
この犬の種類は運河のはしけを守る番犬として使われました。
「little skipper」小さなキャプテン(船長)という意味があります。
また、ネズミ捕りと番犬として農場の納屋の周りで使われました。
ベルギーでは非常に人気があり1690年にスキッパーショーを組織し
これが全ての犬種の初のショーだったといわれています。
1885年にマリーアンリエット女王が飼って王室犬になりました。

色:黒

特徴:
ミディアムショートの厚い毛で被われたダブルコート。
首の周りに豊かな襟があります。
体は短く、横から見ると正方形に近い体つきです。
顔はキツネのよう。
鼻口部(マズル)は尖っています。
目は卵形。
耳は三角形で立っています。
尾は短くカットされます。
鼻は黒。
歯はシザースバイトかレベルバイト。
後足の狼爪は削除されます。
匂いはありません。

性格:
家族には忠実ですが他人には用心深い。
機敏で知的。

その他:
季節により(年2回)大量に抜け毛がありますが、それ以外はブラッシング程度の手入れが必要はありません。
脱走の名人です。
鳴き声はかんだかくうるさく感じるかもしれません。
ハムスターや鳥などは届かないところで飼いましょう。
遺伝病を持っている恐れがあるのでしっかりとした検査が必要です。
初心者に推薦されません。

スキッパーキーの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:49 | 小型犬

パグ

犬名: パグ

原産国:中国

平均寿命:12〜15年

サイズ:小型犬
オス 高さ:30〜36cm
オス 体重:6〜9kg

メス 高さ:25〜30cm
メス 体重:6〜8kg

グループ:トイ グループ

歴史:
この犬種は、紀元前400年以前に始まったと思われ
チベットの修道院のペットとされていました。
後に日本に渡り、そしてヨーロッパに渡ったと思われます。
ヨーロッパでは数カ国の王族のペットになりました。
ナポレオンの妻のジョセフィーンは、彼女が刑務所にいる間、
パグの首輪の下に秘密のメッセージをつけ、ナポレオンに
送っていたといわれています。
英国人が1860年に中国の皇居を制圧したとき、彼らは数頭のPugsとペキニーズを発見して、子犬をイングランドに連れて行きました。
AKCには1885年に認可されました。

色:
黒、淡黄褐色、銀、で顔は黒
頭から尾まで黒い線が通っています。


特徴:
頭は丸く大きく額にはしわがよっている。
耳は柔らかく、バラの花ビラの形が好まれます。
目は黒く少し出目
歯はアンダーショットバイト(下の歯が出ている)
尾はきつくカールしていて背中に乗っています。
コートは短く、光沢があります。
鼻口部は短い。

性格:
元気が良くて、忠実で、愛情豊かで、幸せな性質で優しい。
お茶目で魅力的で賢いが少しわがままで、やかましいところもあります。

その他:
鼻が短いせいか、ゼイゼイいったり、いびきをかく傾向があります。
太りやすいので、えさのやりすぎに注意が必要です。
初心者に推薦されます。

パグの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:51 | 小型犬

プードル (トイ)

犬名:プードル (トイ)
原産国:中央ヨーロッパ

平均寿命:12〜15年

サイズ:小型犬
高さ:25cm
体重:3〜4kg

グループ:トイ グループ

歴史:
原産国がフランスかドイツか、デンマークか古代のピードモント高原かどうかは、不確かです。
いくつかの他の国の主張にもかかわらず、今はフランスがプードルの原産国と公式に認められました。
この犬種はたぶん初期のドイツのウォーターレトリーバの系統を引いていますが、イベリア半島のスパニエルに関連があるかもしれません。
名前「プードル」は、多分ドイツ語の「Pudel」(水のなかで遊ぶ者)に由来していると思われます。
ハンターはこの犬種が泳ぐのに邪魔にならないようコートを
特別なスタイルに刈り込みました。(その他のところからどうぞ)
冷えと葦から保護するために足関節の毛を残しています。
フランスではこの犬種の高い知性、訓練のし易さ、
生粋のショーマンシップを利用し、サーカスのショーで多く利用していました
またカモ犬と呼ばれ、トリュフを見つけるためにも使われました。
プードルは、スタンダード、ミニチュア、トイと3つに分かれますが
サイズ以外は同じ標準で判断されます。
トイプードルはスタンダードプードルを小さく改良した種類です。
特に18世紀には、トイプードルは、国王のお気に入りになりました。

色:
単色で、黒、白、ブルー、シルバー、グレイ、クリーム、アプリコット、
赤、ブラウン、カフェオレ

特徴:
目は黒く、アーモンド形。
耳は長く広く平らで垂れています。
尾は1/2かそれより少し短くカットされます。
狼爪は一般的には削除されます。
つま先はアーチ型で、足は小さく水かきがあります。
良いプードルは横から見たときに正方形の形をしています。
コートはカーリーコート

性格:
陽気で、非常に利口で、敏感で、面白くて、賢い。芸などを覚えるのが得意です。

その他:
プードルにはショー用に3つの基本的なヘアースタイルがあります

パピークリップ

イングリッシュサドルクリップ

コンチネンタルクリップ

吠える傾向があります。
抜け毛は非常に少ない。
白のプードルは涙やけが目立つかも知れません
まめな手入れが必要です。
初心者に推薦されます。


トイプードルの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:07 | 小型犬

プードル(ミニチュア)

犬名:プードル (ミニチュア)

原産国:フランス

平均寿命:12〜15年

サイズ:小型犬
オス 高さ:28〜38cm
オス 体重:7〜8kg

グループ:ノン スポーティング グループ

歴史:
この犬種はたぶん初期のドイツのウォーターレトリーバの系統を引いていますが、イベリア半島のスパニエルに関連があるかもしれません。
名前「プードル」は、多分ドイツ語の「Pudel」(水のなかで遊ぶ者)に由来していると思われます。
ハンターはこの犬種が泳ぐのに邪魔にならないようコートを
特別なスタイルに刈り込みました。(その他のところからどうぞ)
冷えと葦から保護するために足関節の毛を残しています。
フランスではこの犬種の高い知性、訓練のし易さ、
生粋のショーマンシップを利用し、サーカスのショーで多く利用していました
またカモ犬と呼ばれ、トリュフを見つけるためにも使われました。
プードルは、スタンダード、ミニチュア、トイと3つに分かれますが
サイズ以外は同じ標準で判断されます。

色:
単色で、黒、白、ブルー、シルバー、グレイ、クリーム、アプリコット、
赤、ブラウン、カフェオレ



特徴:
目は黒く、アーモンド形。
耳は長く広く平らで垂れています。
尾は1/2かそれより少し短くカットされます。
狼爪は一般的には削除されます。
つま先はアーチ型で、足は小さく水かきがあります。
良いプードルは横から見たときに正方形の形をしています。
コートはカーリーコート

性格:
陽気で、非常に利口で、敏感で、面白くて、賢い。芸などを覚えるのが得意です。

その他:
プードルにはショー用に3つの基本的なヘアースタイルがあります

パピークリップ

イングリッシュサドルクリップ

コンチネンタルクリップ

吠える傾向があります。
抜け毛は非常に少ない。
白のプードルは涙やけが目立つかも知れません
まめな手入れが必要です。
初心者に推薦されます。


ミニチュアプードルの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 13:28 | 小型犬

ポメラニアン

犬名: ポメラニアン
別名:ドワーフ スピッツ
原産国:ドイツ

平均寿命:15年

サイズ:小型犬
高さ:18〜30cm
体重:1〜3kg


グループ:トイ グループ

歴史:
この犬種は、スピッツ種の系統を引き、
当初、ヨーロッパに連れてこられて、羊を移動させるのに使われていました。
この犬種の祖先は体重13kgほどの中型犬でした。
マリーアントワネットやエミールゾラやモーツァルトがポメラニアンを飼っていたそうです。
1800年代後期に、ビクトリア女王はポメラニアン飼育家になって、
この犬種をイングランドで非常に人気があるようにしました。
そしてビクトリア女王がより小さな犬を好んだので、
多くのブリーダーがこの犬種を小さく改良しました。


色:どんな色も単色なら許されます。
赤、オレンジ色、白、クリーム色、茶色、青、黒
まだらもあります。


特徴:
くさび型の頭と、小さな尖った耳と
ふわふわの毛が特徴です。
目はアーモンド形で黒。
鼻は黒か、コートと同じ色。
歯はシザースバイト。
尾は背中の上に前方に、風に吹かれているような
特徴的な飾毛があります。
首と胸の周りに豊かな毛があります。
コートはダブルコート


性格:
わがままで、大胆、優しく、神経質

その他:
この犬種は芸をするのが得意です。
芸を教えることで飼い主をボスと認めます。
季節により激しい抜け毛があります。
甲高い声でよく吠えるかもしれません。
短命の系統もいます
初心者に推薦されます。

ポメラニアンの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:14 | 小型犬

ペンブローク ウエルシュ コーギ

犬名:ペンブローク ウエルシュ コーギ

原産国:ウエールズ(イギリス)

平均寿命:12〜14年

サイズ:小型犬
オス 高さ:25〜30cm
オス 体重:11〜14kg

メス 高さ:25〜30cm
メス 体重:11〜13kg

グループ:ハーディング グループ

歴史:
ウェルシュ コーギの起源にはいくつかの説があり
800年代にバイキングによりウェールズ連れてこられた
Swedish Vallhundの子孫であるとか、
1200BCごろにケルト人に連れてこられた、
もっと古い種類だろうという説もあります。、
コーギとははケルト語の「犬」から来ていると思われます。
また、ペンブローク種は1100年代にフランダース人により
つれてこられたという説もありますが、
この種は、ウェールズのペンブルックシアで発展し
牛のかかとを噛んだり、吠えたりして牛を駆り立てていました。
ペンブローク種とカーディガン種は1930年までは
差別無く交配されていましたが、それ以降は区別されるようになりました。
ペンブローク種は、エリザベスU世がとても愛した種として有名です。


赤、クロテン、淡黄褐色、ブラックアンドタンで普通は白いマーキングがあります。

特徴:
胴が長く脚の短い体つきです。
耳は大きく、立っています。
頭は幅広く平ら。
尾はほとんどありません。(カーディガン種は長い尾があります。)
目は黒。
鼻は黒。
足はカーディガン種に比べると真っすぐで
胴もカーディガン種ほど長くはありません。

性格:
丈夫で、非常に知的で、従順で、献身的で元気。
カーディガン種より外向的で落ち着きが無いかもしれません。

その他:
昔は、牛のかかとを噛んでいたのでその癖が出ることがありますが
訓練により直ります。
簡単に太る傾向があるので、食べすぎには注意しましょう。
初心者に推薦されます。


ペンブロークウエルシュコーギの写真を見る
ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 12:50 | 小型犬

ペキニーズ

犬名:ペキニーズ
別名:ライオンドッグ
原産国:中国

平均寿命:12〜14年

サイズ:小型犬
高さ:30〜45cm
体重:3.6〜4.5kg

スリーヴ ペキニーズ
体重:2.7kg以下

ミニペキニーズ
体重 2.7-3.6 kg.

グループ:トイ グループ

歴史:
この犬種は1860年まで中国の皇帝で好まれていました。
小さなふわふわした毛のこの犬は、中国の服の袖の中にぴったりフィットして
いたので「スリーヴ(袖)ドッグ)」と呼ばれていました。
また、大きい胸とタテガミと強い性質により「ライオンドッグ」とも呼ばれていました。
悪い精神を食い止めることができる、チャイニーズ・フー・ドッグのミニチュアバージョンであると思われていました。
飼い主が死んだ時に、来世でも飼い主を守るために一緒に殺されたと言う話もあります。
1860年にイギリス兵が中国の宮殿にたくさんいたこの犬種を持ち帰り
西洋で流行し、現在では最も人気のある種類の1つになっています。

色:
どんな色も許されています。

特徴:
小さいけれど丈夫で、長い直毛とタテガミ、
尾、腹部、脚、耳に豊富な飾毛があります。
大きさの割には重く感じます。
頭は平らで顔は広く平らです。
目は黒で大きくて丸く、離れています。
鼻は黒く開いています。
足は短く曲がっていて、体の前方が重いので
横に揺れる独特の足取りをします。


性格:
優しい、しかし見知らぬ人に用心深い
独占欲が強い(おもちゃ、食べ物に)


その他:
ぜいぜい息をして、いびきをかくかもしれません。
暑さに弱いです。
かむ傾向があります。
吠えることを好みます、
出産時は帝王切開手術を必要とすることがあります。
目、脊柱と呼吸系疾患の傾向があります。

初心者に推薦されますが子供には慣れにくいかもしれません。

ペキニーズの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:13 | 小型犬

パピヨン

犬名:パピヨン
別名:コンチネンタル トイ スパニエル
原産国:フランス  

平均寿命:13〜15年

サイズ:小型犬
オス 高さ:20〜28cm
オス 体重:4〜5kg

メス 高さ:20〜28cm
メス 体重:3〜4kg

グループ:トイ グループ

歴史:
この犬種 は16世紀の ドワーフ スパニエルの子孫であると
信じられています。
宮廷や上流階級人で人気が高かった犬種です。
実際、マリー・アントワネットはフランス革命の混乱の中で
革命政府から、自身の残酷な政治指揮より死刑判決を受け、
ギロチンで斬首刑にされたのですが
ギロチンに彼女のパピオンを連れて行ったと言われています。

アントワーヌ・ヴァトーとルーベンスの絵にもパピヨンが描かれています。
パピヨンという名前はフランス語で、「バタフライ(蝶)」と言う意味ですが耳が蝶の羽に似ているからパピヨンと付けられたと思われます。

色:
白に色んな色の斑点があります。
耳と目の回りは白以外の色であるべきです。


特徴:
耳は立っているか、垂れています。
豊富なコートは絹のようで胸には光沢のあるフリルをがあります。
尾は飾毛があり背中の上でアーチ形をしています。
耳はよく縁毛があります。
脚には飾り毛があります。
鼻口部は短くて、少し先細りです。
綺麗で、においはありません。


性格:
落ち着いていて、辛抱強くて、優しい。
内気で、神経質。

その他:
飼い主に対して独占欲が強く訪問者などに嫉妬深いかもしれません。
抱き締められることが好きですが、同じく屋外でふざけ回ることを好みます。
初心者に推薦されます。

パピヨンの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 12:54 | 小型犬

ノーリッチ テリア

犬名:ノーリッチ テリア

原産国:イギリス

平均寿命:14年

サイズ:小型犬
高さ:22.5〜25cm
体重:5〜5.5kg

グループ:テリア グループ

歴史:
ノーリッチテリアとノーフォークテリアは同一種なのですが
1964年にイギリスで公式に分類されました。
アメリカも1979年にそれにならいました。
ノーリッチテリアは耳がピンと立っていて、
ノーフォークテリアは耳が折れ曲がっています。
最初は、ネズミ退治用として発展しましたが、
後に、キツネ狩にも使われ
体が小さいので、狭い穴に簡単に出入りができ、
穴や、巣に逃げたキツネを閉じ込めたり追い出したりするのに使われました。

色:
小麦色、赤、ブラックアンドタン、灰色。
暗色のポイントは許されますが、白いポイントは好ましくありません。


特徴:
足は短い。
コートは、荒く、直毛のワイアーヘアーでダブルコート。
体は丈夫でがっしりしています。
頭は広く丸みをおびています。
鼻口部はV字形で先細りです。
歯は大きくシザースバイト。
耳は小さく前方に折れ曲がっていて先は少し丸みを帯びています。
目は卵形で黒。
鼻は黒。
尾はカットされますがそれほど短くはなく、真っすぐです。

性格:
機敏で、献身的。外交的で勇敢。

その他:
非常に健康的で、オモチャ、やボール遊びが好きです。
穴を掘るのが好きです。
一人にされると吠えるかもしれません。
初心者に推薦されます。

ノーリッチ テリア の写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 09:53 | 小型犬

ブログランキング参加中

banner_04.gif

RDF Site Summary
RSS 2.0
管理者ページ