ワイアーヘアードポインティンググリフォン

犬名:ワイアーヘアードポインティンググリフォン

原産国:ドイツ

平均寿命:10〜12年

サイズ:大型犬
オス 高さ:55〜60cm
オス 体重:23〜27kg

メス 高さ:50〜55cm
メス 体重:23〜27kg

グループ:スポーティング グループ

歴史:
ワイアヘアードポインティンググリフォンは,
1870年代にオランダ人のE. K. Korthalsというブリーダーによって作られました。
ジャーマングリフォンとフレンチポインター、ジャーマンポインター、スパニエル、セッターなどの交配により作られました
素晴らしい鼻(嗅覚)を持ち、ウサギや鳥などの猟に使われていました。


色:
灰色に褐色のマーキング、赤茶色、白に茶色
茶色の単色、白の単色、白にオレンジは望ましくありません

特徴:
目は大きくて丸く、色はオレンジか茶色
鼻は茶色のみ
耳は中くらいの大きさで垂れています。
コートはワイアーヘアーでダブルコート
狼爪は削除されます。
歯はシザースバイト
尾は1/2〜2/3くらいにカットされます。


性格:
温和で知的で親しみやすい


その他:
口ひげと眉毛が特徴です。泳ぎが得意です。
初心者に推薦されます。


ワイアーヘアードポインティンググリフォンの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 09:32 | 大型犬

ワイマラナー

犬名:ワイマラナー

原産国:ドイツ

平均寿命:10〜12年

サイズ:中型犬
オス 高さ:61〜69cm
オス 体重:25〜32kg

メス 高さ:56〜63cm
メス 体重:23〜29kg

グループ: スポーティング グループ

歴史:
ワイマラナーは1600年代ヴァンダイクの絵の中に描かれていると関係者は信じています。
この犬種はドイツのワイマールの小説により有名になりました。
ワイマラナーはポインターでありオールラウンドの猟犬でもあります。
最初は大きな動物の猟に使われていましたが大物が少なくなると
小動物の猟と高地の鳥猟に使われるようになりました。
また、ウォーターレトリーバとしても有名です。
ワイマラナーはイギリスやドイツでは救助犬、警察犬として使われており1929年にアメリカに輸入されました。

色:
灰色、シルバーグレイ
胸の小さなマーキングは許可されます。

特徴:
耳は適度に長く垂れています。
目は琥珀色、青灰色、灰色
鼻は灰色
狼爪は削除されます。
尾はカットされます。
泳ぎのための水かきがあります
コートは短く、なめらかです
頭と耳は体の色より少し明るい灰色

性格:
優しくて知的ですが、わがままで乱暴です。


その他:
子犬のときからの社会的に慣れさす訓練が必要です。
初心者に推薦されません。


ワイマラナーの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 09:59 | 大型犬

土佐犬

犬名:土佐犬

原産国:日本

平均寿命:10〜12年

サイズ:大型犬
オス 高さ:60cm〜
メス 高さ:55cm〜

体重:37〜90kg


歴史:
土佐犬は1870年代から四国犬と洋犬種(ブルドッグ、マスティフ、ジャーマンポインター、グレートデン、セントバーナード、ブルテリアなど)との交配により作られました。
長い間闘犬として育てられ西洋では「犬界の相撲取り」と呼ばれています。
日本でも頭数は減っています。しっかりした飼い主と訓練によりよき番犬、仲間犬にすることもできます。



色:好ましい色は赤ですが、黒、淡黄褐色、ブチも許可されています。


特徴:
堂々とした体型で、頭は幅広大きい
鼻口部は適度に長く角ばっています
あごは非常に強力
首の皮膚はたるんでいます
耳は小さめで垂れています。
目はアーモンド形で黒く小さい
尾は長く付け根は太く、先細りで、垂れています
コートは短い

性格:
勇敢で、恐れを知らなくて、大胆、忍耐力がある

その他:
AKCには認められていないようです。
JKC(ジャパンケンネルクラブ)では使役犬グループに入っています
初心者に推薦されません。


土佐犬の写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 10:43 | 大型犬

チベタンマスチフ

犬名:チベタンマスチフ

原産国:チベット

平均寿命:15年〜

サイズ:(超)大型犬
高さ:61〜71cm
体重:64〜78kg 
99kgほどになる超大型もいます。

グループ:ミサレニアス(その他) グループ

歴史:
この犬種は石器時代からいたといわれています。
アレキサンダー大王に同行して現在の多くのマスチフ種のもとになっているといわれています。
その後チベットはヨーロッパとの扉を閉じていたので何世紀もの間
この犬種はチベットで発達しました。
1800年にイギリスのビクトリア女王に贈られ、その後は多くのこの犬種がイギリスに輸入され
標準化が進みました。イギリス系のチベタンマスチフは少しトレーニング
がしやすく改良されています。
イギリスとアメリカでは数が増えていますがあまり多くはありません。


色:
多くは黒で、金色かタンのマーキングあることも。
チョコレート、青とタン、クロテン、金、クリームまたは赤
白の模様もあります。

特徴:
頭は広く大きい
上唇が下唇を覆うように垂れています。
鼻は大きくて、一般的には黒
歯はシザースバイトかレベルバイト。
高さより胴の方が少し長い。
オスはのどの皮膚が垂れています。
狼爪は後足は除去しますが前足はオプションです。
首の周りには襟のようにコートがあります。
耳はV字型で垂れています。
尾は飾毛があり背中でカールしています。
コートは密集したダブルコート

性格:
勇敢で恐れを知らない
意志が強く忍耐強くて忠実


その他:
犬の繁殖期は普通年に2度ありますがこの犬種は年に1度(10月から12月の間)
歴史的に人間とのかかわりが薄いため、訓練が非常に難しい。
季節により大量の抜け毛があります。
初心者に推薦されません。


チベタンマスチフの写真を見る



ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif



posted by 犬種類 at 11:37 | 大型犬

スピノンイタリアーノ

犬名:スピノンイタリアーノ
別名:イタリアンスピノン、イタリアンスプリンガー
イタリアンワイアーヘアードポインティングドッグ
原産国:イタリア

平均寿命:12〜13年

サイズ:大型犬
オス 高さ:60〜70cm
オス 体重:34〜39kg

メス 高さ:59〜65cm
メス 体重:29〜34kg

グループ:スポーティンググループ

歴史:
イタリアのピエモンテ地域で開発されたといわれています
ルーツをたどると紀元前500年まで戻るようですが確かではありません。
中世になると文学の中、1450年頃には壁画にこの犬に似た犬が現れますが
これも確かではないようです。
起源は古代のロシアのセッター、スペインのポインターなどいろいろな説がありますが、
現在でもわからないままです。
名前は「ピーノ【pino】(とげだらけの薮)」というイタリア語からきています。
2000年9月にAKCに認められました。

色:
白、白にオレンジのマーキング、オレンジの葦毛、
白に茶色のマーキング、茶色の葦毛

特徴:
鼻口部は長い。
歯はシザースバイト。
耳は長く垂れている。
コートはワイアーヘアーで、シングルコート。長さは4〜6cm
皮膚、唇、鼻、パッドは赤っぽいオレンジ色
尾は付け根から14〜20cmでカットされます。
狼爪は前後の足にあります。
水かきがあります。
口ひげ、あごひげがあります。

性格:
知的で、甘えん坊で、遊び好きで、穏やかな落ち着いた犬種です。

その他:
完璧な猟犬です。
優れたトラッカー、スイマー、レトリーバ、ポインターです。

スピノンイタリアーノの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:59 | 大型犬

スコティッシュ ディアーハウンド

犬名:スコティッシュ ディアーハウンド
別名:ディアーハウンド
原産国:スコットランド

平均寿命:11〜12年

サイズ:大型犬
高さ:71〜81cm
体重:34〜50kg

グループ:ハウンド グループ

歴史:
この犬の種類は、中世のスコットランドの鹿狩り犬でした。
スコットランドの国王の犬として知られていて人気がありましたが
伯爵以下の位の人は飼うことができませんでした。
銃の発達とスコットランドの一族の衰退でこの犬種はほとんど絶滅状態になりましたが
アーチバルドとダンカンマクニール兄弟の努力で、1800年によみがえりました。
しかし、第二次世界大戦の間に食糧不足でまたも多くの犬が殺されました。
現在では、ウサギ狩り、コヨーテ狩りに使われていますがほとんどは
コンパニオンドッグとして飼われています。

色:
灰色、青みがかった灰色、ブチ、ファウン(小鹿色)
胸、足、尾に白があってもいい。

特徴:
背が高く細いハウンドドッグ(猟犬)です。
7〜10cmほどの長さのワイアーコート
あごひげ、口ひげ、たてがみがあります。
耳は黒く、垂れています。
鼻口部は長く、先細りです。
鼻は黒。
目は栗色かハシバミ。
ストップ「頭と鼻口部の境(目と目の間)の段差」はほとんどありません。
歯はレベルバイト。
尾は真っすぐか、少しカーブしていて地面につくほど長い。

性格:
非常に穏やかで人当りの良い犬種。静かで、優しい。
非常に勇敢で威厳があり献身的で忠実。

その他:
あまり吠えません。
多くの運動が必要です。
初心者に推薦されます。

スコティッシュ ディアーハウンドの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 10:34 | 大型犬

ジャイアントシュナウザー

犬名:ジャイアント シュナウザー
別名:
原産国:ドイツ

平均寿命:12〜15年

サイズ:大型犬
オス 高さ:66〜71cm
オス 体重:27〜36kg

メス 高さ:58〜66cm
メス 体重:25〜34

グループ:ワーキング グループ

歴史:
この犬の種類は、黒いグレートデンとブービエデフランドルとスタンダードシュナウザーとの
交配により作られたといわれています。
「シュナウザー」とはドイツ語で(鼻づら・マズル・鼻口部)の意味です。
はじめはドイツのバイエルンで牛追い犬として使われていました。
後に番犬、警察犬、軍用犬として使われました。

色:黒(単色)かソルトアンドペッパー

特徴:
眉毛とひげとあごひげが特徴的です。
コートはワイアーヘアーと柔らかいアンダーコートのダブルコート
高さと長さはほぼ同じくらいです。
首は長くアーチ型です。
鼻口部と頭は平らです。
鼻は黒。
目は卵形で黒。
歯はシザースバイト。
後足の狼爪は削除されます。
尾は第2又は第3関節で削除されます。
耳を立たせるために切ることはオプションです。
(注)アメリカでは耳を立たすために、耳の端を切り
尾も短く切りますが
イギリスでは耳の端を切ることは認められておらず
2007年の4月より、尾を短くすることも禁止されました。

性格:
穏やかで、忠実で、知的。大胆で勇ましい。

その他:
きちんと訓練すれば子供にも良い。
週一度のブラッシングと、年4〜6回ほどのトリミングが必要です。
初心者には推薦されません。

ジャイアントシュナウザーの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 10:56 | 大型犬

セントバーナード

犬名: セントバーナード
別名:アルペン・マスチフ
原産国:スイス

平均寿命:11年

サイズ:超大型犬
高さ:61〜70cm
体重:50〜91kg


グループ:ワーキング グループ

歴史:
セントバーナードは、スイスのアルプス山脈のセイントベルナールホスピスで発展し、名をつけられました。
この犬の種類は約2000年前に古代ローマ人が連れてきたマスチフと
現地の犬との交配によって現在のセントバーナードが作られたといわれています。
スイスの雪の多い場所で救助犬として活躍し、2000人以上が助けられたといわれています。
迷ったり、負傷した旅行者などを見つけ、暖かさを与えるために寄り添い、
他の犬は、救助隊を呼びに行くというような素晴らしい活躍をしていました。
この犬の嗅覚は雪の下の人間を見つけることができるほど素晴らしく、
また、嵐や雪崩を予告する超能力的なものを持っています。


色:
赤に白、白に赤又はぶち
首、尾の先、胸、足、襟は白でなければなりません。

特徴:
ショートヘアーとロングヘアーの2種類がいます。
頭は広くて大きい。
鼻口部は長くはなく、先ぼそりではありません。
鼻口部から眉間を通って頭まで白いラインが入っています。
耳は中型の大きさで垂れています。
額にはしわが寄っています。
鼻は黒く大きい。
歯はシザースバイトかレベルバイト
目は中程度の大きさで深くくぼんでいて黒色。
尾は長く飾り毛があり先端で上に曲がっています。

性格:
穏やかで威厳があり、従順で、非常に献身的で、忠実です。優しくて、子供たちに対して寛容な。

その他:
ペットショップで買うべきではありません。
いびきをかくかもしれません。
ほとんどなきません。
超大型なので、子供の頃からのしつけが必要です。
初心者に推薦されません。

セントバーナードの写真を見る。


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:14 | 大型犬

ロットワイラー

犬名:ロットワイラー
原産国:ドイツ

平均寿命:11〜12年

サイズ:大型犬
オス 高さ:61〜69cm
オス 体重:43〜59kg

メス 高さ:56〜63cm
メス 体重:38〜52kg

グループ:ワーキング グループ

歴史:
この犬種は、マスチフの系統をひいていると思われます。
名前の由来はドイツの町「Rottweil」から来ています。
牛の群れを追う仕事をしていました。
鉄道が発達するとこの犬種の仕事がなくなりほとんどいなくなりましが
1900年初期には、番犬、警察犬として使われ
現在ではアメリカで最も人気のある犬種の1つです。

色:
黒で目の上、ほほ、胸、足の下のほう、尾の裏側に茶色のマーキングがあります。


特徴:
筋骨たくましい体をしています。
広い頭と丸みを帯びた額をしています。
体の長さは高さより少し長めです。
耳は三角形で垂れています。
鼻は黒く広い。
唇は黒く、口の中は暗い色をしています。
後ろ足の狼爪は削除されます。
尾も短くカットされます。
コートは短く、固くて厚いです。
歯はシザースバイト
目は黒く、親しみのある優しい目をしています。


性格:
穏やかで優しく、勇敢で、献身的。

その他:
メスは1度に多くの子犬(12匹)を産む傾向があります。
いびきをかくかもしれません。
完全に服従する訓練が必要です。
初心者には推薦されません。

ロットワイラーの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:35 | 大型犬

ローデシアン リッジバック

犬名:ローデシアン リッジバック
別名:アフリカン ライオン ハウンド
原産国:アフリカ

平均寿命:

サイズ:大型犬
オス 高さ:63〜69cm
オス 体重:36〜41kg

メス 高さ:61〜66cm
メス 体重:29〜34kg

グループ:ハウンド グループ

歴史:
この犬種はサウスアフリカの原住民に飼われていた犬種と
グレートデンや他の猟犬との交配によって作られたといわれています。
多くの目的(猟、子供の世話、番犬など)で使われました。
ハンターはこの犬種の群れはライオンに対して非常に効果的
だということを発見し「アフリカンライオンハウンド」と呼んでいました。
高温に強く、24時間食物と水なしで済ますこともできるようです。
1959年にAKCに認められました。

色:
濃い小麦色。
胸と足に小さなマーキングがある犬もいます。



特徴:
背中の中心に特徴的な(矢印のような)形をした毛の隆起があります。(リッジバック)
体は筋肉質です。
鼻は黒か茶色(コートの色による)
目は鼻が黒い犬は黒、鼻が茶色の犬は琥珀色。
耳は垂れています。
尾は先細りでかなり長く、僅かに上にカーブしています。
ショートコート


性格:
素晴らしいハンターですが家では穏やかで知的。

その他:
子供好きでもありますが、子犬のときからのしつけが必要です。
オス同士では抗戦的かもしれません。
初心者に推薦されません。

ローデシアン リッジバックの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 11:59 | 大型犬

レッドボーン クーンハウンド


犬名:レッドボーン クーンハウンド
原産国:アメリカ

平均寿命:11〜12年

サイズ:大型犬
高さ:53〜66cm
体重:23〜32kg

グループ:ハウンド グループ AKC=ミサレニアス クラス

歴史:
この犬種はフォックスハウンドの直系で、18世紀中ごろに
フォックスハウンドより良い臭覚とスピードを持つよう改良され
アライグマ猟に使われていました。(クーンとはアライグマのことです)
他に、ヤマネコ、熊、クーガーなどをも粘り強く木に追い上げる
ために使われていました。

色:


特徴:
目は丸くこげ茶色から赤褐色(暗いほうが良い)
耳は長く垂れている。
鼻口部は角ばっていいます。
鼻は黒で、鼻孔は大きく、開いています。
歯はシザースバイト
尾は中間の長さ。
首は強く、垂直の状態。

その他:
多くの運動量を必要とします。
吠えるのが好きです。
毛はほとんど抜けません。
初心者に推薦されます。

レッドボーン クーンハウンドの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif


posted by 犬種類 at 11:16 | 大型犬

プードル(スタンダード)

犬名:プードル (スタンダード)
原産国:ドイツ・中央ヨーロッパ

平均寿命:12〜15年

サイズ:大型犬
高さ:38cm以上
オス 体重:20〜32kg
メス 体重:20〜27kg

グループ:ノン スポーティング グループ

歴史:
この犬種はたぶん初期のドイツのウォーターレトリーバの系統を引いていますが、イベリア半島のスパニエルに関連があるかもしれません。
名前「プードル」は、多分ドイツ語の「Pudel」(水のなかで遊ぶ者)に由来していると思われます。
ハンターはこの犬種が泳ぐのに邪魔にならないようコートを
特別なスタイルに刈り込みました。(その他のところからどうぞ)
冷えと葦から保護するために足関節の毛を残しています。
フランスではこの犬種の高い知性、訓練のし易さ、
生粋のショーマンシップを利用し、サーカスのショーで多く利用していました
またカモ犬と呼ばれ、トリュフを見つけるためにも使われました。
プードルは、スタンダード、ミニチュア、トイと3つに分かれますが
サイズ以外は同じ標準で判断されます。

色:
単色で、黒、白、ブルー、シルバー、グレイ、クリーム、アプリコット、
赤、ブラウン、カフェオレ

特徴:
頭と鼻口部は長い。
目は黒く、アーモンド形。
耳は長く広く平らで垂れています。
尾は1/2かそれより少し短くカットされます。
狼爪は一般的には削除されます。
つま先はアーチ型で、足は小さく水かきがあります。
良いプードルは横から見たときに正方形の形をしています。
コートはカーリーコート

性格:
陽気で、非常に利口で、敏感で、面白くて、賢い。芸などを覚えるのが得意です。

その他:
プードルにはショー用に3つの基本的なヘアースタイルがあります

パピークリップ

イングリッシュサドルクリップ

コンチネンタルクリップ

抜け毛は非常に少ない。
白のプードルは涙やけが目立つかも知れません
まめな手入れが必要です。
初心者に推薦されます。


スタンダードプードルの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 10:33 | 大型犬

ポインター

犬名:ポインター
別名:イングリッシュ ポインター
原産国:イギリス

平均寿命:12〜13年

サイズ:大型犬
高さ:54〜70cm
体重:20〜34kg


グループ:スポーティング グループ

歴史:
ポインターという名前の由来は、
猟のときに獲物を見つけるとすこし距離をとってそこに静止し
ハンターに獲物が隠れている場所(ポイント)を教える
ところから来ています。
歴史はおよそ1650から始まります。
そのとき、この犬種はグレイハウンドのための
ウサギを捕るために用いられました。
しかし、1700年前半頃には、銃を使った猟に変わり
この犬種が猟犬として一般的に好まれるようになりました。

色:
白にレバー色、レモン色、黒、オレンジなどのマーキング。
三色も許可されています。


特徴:
嗅覚が非常に優れています。
広範囲を非常に速いスピードで走ることができます。
鼻は鼻口部より少し高くセットされています。
目は黒。
耳はMサイズで垂れたペンダント。
歯はレベルバイトかシザースバイト。
首は長い。
尾は真っすぐで先細り。
足は卵型。
前足の狼爪の削除はしてもしなくても良い。
ショートコート。


性格:
忠実で献身的な颯爽とした紳士。
精力的で熱心なハンター
少しわがままで、混乱させることもあります。

その他:
小さい頃からのしつけが必要です。
初心者には推薦されません。

ポインターの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 13:43 | 大型犬

オッターハウンド

犬名: オッターハウンド

原産国:イギリス

平均寿命:12年

サイズ:大型犬
高さ:60〜67cm
体重:30〜52kg

グループ:ハウンドグループ

歴史:
この犬種は、ブラッドハウンドと、テリア種、グリフォン種、ハリアとの交配で
作られました。
オッターとはカワウソのことで、カワウソが鱒を食べてしまうので
カワウソの個体数をコントロールするためにこの犬種が使われました。
20世紀になるとカワウソの数が減ったので、この犬種の数も減り、
1978年までに、この犬種は保護種になりました。

色:
すべての色は許されますが、一般的には灰色、淡黄色に黒いマーキング。

特徴:
毛むくじゃらの顔と、眉毛、硬めのコートをしています。
鼻口部(マズル)は長めです。
耳は垂れていて、耳を前方に引っ張ると鼻につくほどの長さです。
尾は長く反りあがっています。
鼻は大きく、黒かこげ茶(コートの色による)
コートは密集した羊毛のような毛で、少し油っぽく、
アンダーコートは冷たい水にも耐えられるよう耐水性になっています。
足には水かきがあります。
メロディアスで力強い鳴き声をしていて、唸るのが好きです。
(過度に吠えるわけではありません)

性格:
明るくて、優しくて、献身的で大胆で元気。

その他:
ノンストップで数時間泳ぐことができる能力があります。
他のペットには近づけないほうがいいです。
手に入れるのは難しいでしょう。
初心者に推薦されません。

オッターハウンドの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 10:52 | 大型犬

オールドイングリッシュシープドッグ

犬名: オールドイングリッシュシープドッグ
別名:ボブテイル
原産国:イギリス

平均寿命:12〜13年

サイズ:大型犬
オス 高さ:36〜61cm
オス 体重:平均 29kg

メス 高さ:平均 51cm
メス 体重:平均 27kg

45kg以上にになることもあります。

グループ:ハーディング グループ

歴史:
この犬種は、ベアーデッドコリーとロシア、バルト諸国、フランスからイギリスに入ってきた犬との
交配により作られたといわれています。
昔は、農夫が羊や牛を市場に連れて行くときに群れを追うことに使われていました。
その農夫の飼犬を対象とした税金を納入した証拠として尾を切られるようになりました。
ここから別名ボブテイル(Bobtail)と呼ばれています。
牧羊犬としての仕事が主でしたが、寒さに強いことから羊と同じようにトナカイ
の群れを集める事にも使われていました。
また、農夫たちはこの犬の毛で毛布を作ったり、服を作ったりもしていました。
現在は、この犬種は子供好きなので、コンパニオンドッグとして
飼われています。

色:
ブルー、灰色、ブルーグレイ、
頭部、頸、前脚及び下腹部は白。

特徴:
豊かなコートを持った毛むくじゃらな犬種です。
体はがっしりしていて、バランスがとれていて、筋骨たくましいです。
背中のラインが肩から腰へと上向きになっていて犬としては珍しいスタイルをしています。
耳は垂れています。
目は青か茶色、又は片方青でもう片方は茶。
鼻は黒くて大きい。
歯はレベルバイトか、シザースバイト。
尾は、切断します。(無いまま生まれる犬もいます)
コートは粗く長いオーバーコートと、綿毛のようなアンダーコートのダブルコート。


性格:
穏やかで冷静で順応性がある。
親しみやすくて、知的で、誠実です。、

その他:
豊富な毛のため手入れは簡単ではありません。
初心者に推薦されません。

オールドイングリッシュシープドッグの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 10:33 | 大型犬

ニューファンドランド

犬名:ニューファンドランド

原産国:カナダ

平均寿命:9〜11年

サイズ:大型犬
オス 高さ:69〜74cm
オス 体重:59〜68kg

メス 高さ:63〜69cm
メス 体重:45〜54kg

グループ:ワーキング グループ

歴史:
この犬種の起源については色々な説がありますが
多く言われている説は
1700年代初めに、イギリスやヨーロッパなどの漁師たちにより
カナダへ連れていかれたチベタンマスチフと
カナダの犬との交配により作られたという説です。
漁師達の網を引っ張ったり、船を岸に付けるためにロープを引っ張ったり
船から落ちた物を取ってきたり、おぼれている人を助けたりと
漁師達のよきパートナーでした。

色:
黒(足、尾の先、胸に少し白がある犬もいます。) 
茶、 グレイ

特徴:
頭は大きくがっしりしています。
鼻口部は広く、どちらかと言うと短い。
耳は三角形で垂れています。
目は小さくこげ茶。
鼻は一般的には黒ですが、コートが青の犬の鼻は茶色。
足には水かきがあります。
後ろ足の狼爪は削除されます。
尾は長く、垂れています。
厚く、少しウエーブのかかった油性のアンダーコートと
水をはじく長い平らなアウターコートのダブルコート。

性格:
穏やかで、忠実で、甘い気質。
威厳があって、勇敢で平和を好み非常に献身的。

その他:
季節により激しい抜け毛があります。
涼しい気候を好みます。
あまり長生きはしません。
初心者に推薦されます。

ニューファンドランド の写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 16:04 | 大型犬

ナポリタンマスチフ

犬名:ナポリタンマスチフ
原産国:イタリア

平均寿命:10年以下

サイズ:超大型犬
オス 高さ:65〜78cm
オス 体重:68kg〜

メス 高さ:60〜73cm
メス 体重:63kg〜

グループ:ワーキング グループ

歴史:
この犬種はとても古い時代からおり356BC頃の
アレキサンダー大王の征服の時に同行したと言われています。
1946年にイタリアで最初に示され、
1970年代以来アメリカで文献化されていますが、
この犬種のいい犬はアメリカにおいてまだほとんどいないようです。
2004年7月1日にAKCのワーキング グループに公認されたばかりです。

色:
青と黒が一般的ですが、マホガニー(赤褐色)、黄褐色も許可されています。
基本的には単色ですが、2〜3箇所のタンぶちは許可されています。
のどと体の下、つま先、足首辺りの少しの白は許可されます。


特徴:
やや長方形で、骨太で筋肉質な犬種で
オス犬で90kgを越す犬もいるほどの超大型犬種です。
顔にはしわがよっていてあご、首まで続いています。
頭は広くて平らで、鼻口部と平行です。
鼻口部は頭全体の1/3ほどの長さ。
鼻は大きく、コートの色と同じ色であるべきです。
耳は二等辺三角形にカットされるか、自然のままです。
歯は、シザースバイトかレベルバイト。又はほんの少しアンダーショットバイト。
尾は1/3ほどにカットされます。
コートは短く、密集していてなめらかです。
後足の狼爪は削除されますが、前足はそのままです。
ライオンや熊のように遅く、横に揺れる鈍重な足取りです。


性格:
恐れを知らない性格ですが、理由もなく積極的になることはありません。
少し知的で、わがままですが、穏やかで静かです。

その他:
短毛ですが、季節により大量の抜け毛があります。
子犬は青い目で生まれますが、成長と共に黒くなります。

初心者に推薦されません。

ナポリタンマスチフの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 10:34 | 大型犬

マスティフ

犬名:マスティフ
別名:イングリッシュマスティフ
原産国:イギリス

平均寿命:9〜11年

サイズ:超大型犬
オス 高さ:75cm以上
オス 体重:80〜87kg

メス 高さ:68cm以上
メス 体重:80〜87kg

グループ:ワーキングドッグ

歴史:
ローマ帝国の時代BC6世紀頃にフェニキア(現在のレバノンあたり)の貿易商により
イギリスにつれてこられたと言われています。
13世紀の探検家マルコポーロは、モンゴルのフビライハンが約5000頭の
マスティフを宮廷で飼っていたと伝えています。
昔は、当時の市民の娯楽として牛や熊と戦わせられたり、戦争の時の荷台車引き、
羊の保護、個人のボディーガードなどに使われていました。
マスティフはメイフラワー号でアメリカに連れて行かれその後アメリカに輸出
されるようになりましたが
第二次世界大戦終了ごろには、イギリスではこの犬種は食糧不足のため
絶滅の危機にありました。
しかし、アメリカ合衆国とカナダからの新たな輸入で、マスティフは今日の
イギリスでもう一度確立されていて、その保護能力とその並外れた優しさのために
尊ばれる犬になっています。


ぶち、淡黄褐色、アプリコット(アンズ色, 黄赤色.)

特徴:
最も重い犬種の一つでオス犬では90kgを越える犬もいます。
頭は角ばっていて重く、鼻口部は短い。
体の色が何色でも、目と鼻の周りは黒いマスクになっています。
耳は小さく、暗い色でなければなりません。
歯はシザースバイトかわずかなアンダーショットバイト
(下の歯が上の歯より前に出ている)
尾は長く先細りで立っています。

性格:
大きさや顔つきから怖そうに見えますが
今日のマスティフは穏やかで、安定していて、おとなしい。


その他:
子犬のときからのしつけが大事です。
初心者に推薦されません。

マスティフの写真を見る

ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 10:44 | 大型犬

レオンベルガー

犬名:レオンベルガー

原産国:ドイツ

平均寿命:10年以下

サイズ:超大型犬
オス 高さ:72〜80cm
オス 体重:80kg

メス 高さ:65〜75cm
メス 体重:60kg

グループ:

歴史:
この犬種は、1846年ドイツのレオンバーガーで
ニューファンドランド、グレートピレニーズ、セントバーナード
その他の犬種の交配により作られました。
開発者Essig(エシッグ?)氏はライオンに似た犬を
作るため研究しましたが、黄褐色の彩色と厚いたてがみは
その研究の成果です。
これらの犬種は、オーストリア、イタリア、ロシアなどに贈られましたが
2つの世界大戦で、食糧不足などでこの巨大な
犬にエサをやることが難しくなり、ほとんど絶滅状態になりました。
第二次世界大戦の終了後に数人のドイツ人がわずかに残ったこの犬種を、復活させました。

色:
赤みがかった茶色に黄褐色。
アウターコートには黒があるかもしれません。
胸の小さな白のマーク、足の先端の上の少しの白は、許されます。


特徴:
顔は黒
鼻と唇は黒
歯はシザースバイト
頭はドーム型
目は茶色で穏やかで優しい
耳は垂れています。
たてがみがありますが、完璧なたてがみになるまで
数年かかります。
尾は豊かな毛があり、ヒザまで長さ。
前脚と後脚には飾毛があります。
後足の狼爪は削除されます。
足には水かきがあり、泳ぐことが得意です。

性格:
知的、勇敢、友好的。非常に愛情豊かで穏やか。

その他:
水害救助犬として高い評価を受けています。
ほとんどの大型犬はよだれを垂らしますが
この犬種はよだれを垂らしません。
季節により大量の抜け毛があります。

初心者に推薦されません。


レオンベルガーの写真を見る


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif

posted by 犬種類 at 11:29 | 大型犬

ラブラドールリトリーバー

犬名: ラブラドールリトリーバー
原産国:カナダ

平均寿命:12〜13年

サイズ:大型犬
オス 高さ:56〜61cm
オス 体重:29〜36kg

メス 高さ:54〜59cm
メス 体重:25〜32kg

グループ:スポーティング グループ

歴史:
この犬種は元は船から冷たい海へ飛び込み、漁師の網を
岸まで引っ張って来るよう訓練されていました。
イギリスで磨きをかけられ、発展しました。
最良の家族犬の一種として、また盲導犬、麻薬検知犬としても
活躍しています。

色:黒、黄色、チョコレート色


特徴:
コートは短く硬く水をはじく毛質のダブルコート。
頭は大きい。
鼻口部は広い。
耳は中くらいの長さで、垂れています。
鼻は黒と黄色のコートの犬は黒、チョコレート色の犬は茶色。
歯はシザースバイトがこのまれます。
尾は付け根は太く、少し先細で毛で覆われています。
足には水かきがあり、水泳が得意です。

性格:
一番利口な犬種の1つで、愛らしく、忍耐強く
活発で性格が良い。

その他:
ゴールデンリトリーバーより支配的で、独立しています。
頭のよさから、訓練も非常にらくです。
初心者に推薦されます。

ラブラドールリトリーバーの写真を見る。


ブログランキング参加中・プチットしてくれるとうれしいです

banner_04.gif

c_03.gif
posted by 犬種類 at 15:27 | 大型犬

ブログランキング参加中

banner_04.gif

RDF Site Summary
RSS 2.0
管理者ページ